雑記

運が悪いことに定評のある我が人生をご紹介

ツイッターのリンク

中の人のご紹介だけど、このブログのアピールになればいい自己紹介なのだろうけど残念ながら人に誇れるような履歴がほとんどない。失敗、不運、懲りない、という一連の所作をひたすら繰り返してきた人生が徐々に詰んでいくは自明の理だったわけで。それでもあがいて今を生きています。下を見たら多少留飲は下がるだろうし、そんなときにこのブログを見てひと時の安らぎを得てくれたらこんな自分でも存在価値があるのだと思える。でも読んでいて利益のないものに人が魅力を感じないのは自分自身がそうであるように、わかりきっている話なので今後もお得な情報を中心にお届けしたい。

運の悪さと懲りない凝り性な人生を生きていく

・プロフィール(タイトルなどの理由)

・人生観(出身地など)

・ダメな人間(失敗例)

・なぜ資格を取ることになったのか(病気の理由)

・今後取ろうと思っている資格(宅建、行書、相続、司法書士他)

・趣味(えぐい物欲について)バスケ、キャンプ、ゲーム、ガジェット、ダイエット

・今後やろうと思っていること(ブログ、youtube)

 

プロフィール

失敗歴には自信のある

司法書士ワナビ

面白い事、楽しい事、為になること、改善できることを発信する

 

名をtenshu

アラフォー

一応職には就いている

負け組

放浪癖あり

えぐい物欲

大阪弁は控えめ

な男というわけだ。端的に言えばやることなすことうまくいかず、でも基礎スペックが微妙で、超絶劣っているわけではなく、人より優れているところは控えめ(ないわけではない)程度なのだ。

こんな人間が資格のぶん取りを目論んだのにはもちろん理由がある。

それはそれは、超絶失敗し続け、かつ安易に目の前のことに飛び込み続けた人生だったからだ。

そうなれば年齢とともに徐々に行動範囲や決定範囲が狭まっていくのは自明の理であり、無謀かつ愚かな行為を飽きもせず懲りもせず続けた結果と言える。そしてにっちもさっちもいかなくなったときに、資格という一発逆転ホームランにこれまた安易に飛びついたというわけだ。さらに愚かにも、安易に司法書士を目指すということとなった。それがさらなるいばらの道だとも気付かずに・・・

出身地

大阪北部

なので大阪をご存じの方はわかるだろうが、こってこての大阪人ではない。ヒョウ柄のおばちゃんから飴をもらったこともないし、お釣りをもらうときに「はい、百万円」なんて100円玉返された経験もない。もし観光に来た時に、そういう人たちに出会いたければ、河内、南大阪あたりをうろつくと良い。

ダメな人間

人より優れているところが控えめ、などと書いたが、「あ、プライド高い人だ(察し)」という風に思われた方もいるだろう。プライドの高低は自分では測れないと思っているので、自分が高いか低いかは他者の評価に一任するが、優れた部分がないことはないという程度。あるのならなんやねん? という質問があるとするならもっともだろう。

だが、これと言って実績がない自分にしたらドヤれるほどの作品、実績、成績がないので今は何も言えない。要は周りと見比べて、安心しているだけのダメ人間である。(世の中には下には下かがいる)一応司法書士試験で合格圏内にたどり着けるだけの地頭はあるということはわかっている。ここにたどり着けない人もたくさんいることを理解しているから、多少はマシの分野にいる、ということだろう。
一つ誇れることがあるとすれば、失敗例。だろうが。「縁のなさ、運のなさ」失敗談は枚挙にいとまがない。旅行に行った先で火山が爆発したときはさすがに自分の運のなさに愕然とはした。
しかし、アラフォーまで命があり、まがいなりに健康体を維持しているだけで超絶運が良いということも認識している。自分より不幸な人間はそれこそ枚挙にいとまなく、そういう人はこうやってブログに起こすことすらできずに命を落としている。

うまくいくことはなく、それでも抗い続けて、なんとか死なずに運よく生きている。そういう人物である。

 

なぜ資格を取ることになったのか?

資格取得を目指すことになったのはひとえに、上記の失敗が積み重なったから、ということが一番の理由である。年齢から超氷河期絶好調の時に大学を卒業した人間であることはお分かりいただけるだろうが、まともな就職先はなく、まったく自分自身も会社員になることが想像できず、自分で起業する才能も努力もせずフリーターにすぐさま落ちる。
ここが転落人生の始まり、というわけではない。これはたぶん景気が良くても同様の結果になっていたことが容易に想像できる。今思えばまともに4年制大学を卒業させていただいただけでもありがたいことだと感謝しているが、それを活かすだけの実力を備えるに至らなかった。ゆえにささやかながらあった学歴を棒に振り、フリーター、底辺会社員、工場員、派遣社員を経て現在に至っている。
どこが転機だった、みたいなことはなく、一連の流れで来ているのでなるべくしてなったわけだが、直接的な一番の要因をあげれば工場員の部分だ。

激務だった。

そして、俺の体は俺が思っているよりも脆かった。
というわけだ。工場に務めて3年目宿痾たる「慢性疲労症候群」にり患した。これは別の記事にて詳細をお伝えするが、病気以外の部分で非常に苦労した。

慢性疲労症候群という病気について

慢性疲労症候群の恐怖を伝えたい! 最強の敵は周囲の無理解。 俺は軽症だった。これに尽きる。そうでなければ俺は死んでいたかもしれない。 この病気を知っている人なら怒るかもしれない。でも、この病気を罹患し ...

続きを見る

もはや自分は肉体を使用してお金が稼げない、という事実に直面した俺は、資格を取らざるをえなかったというわけだ。



今後取ろうとしている資格(検定)

司法書士

これが一番の目標。今5年連続玉砕中

行政書士

なめまくった末に玉砕、今月4月から勉強開始、今年取得する

宅建

これも今年取得する予定、勉強終了済み(一部未修)



・取得済みの資格(検定)

競売不動産取扱主任者(検定)

任意売却取扱主任者(検定)

相続診断士(検定)

 

趣味(えぐい物欲について)

多趣味である

バスケットボール(下手)

アウトドア(山は登らない)

漫画(電子書籍の有用性を理解した)

映画(最近は時間がないゴッドファーザー好き)

音楽(偏ったジャンルのみポップスは聴かない)

アニメ(乙女系以外なら)

ゲーム(最近は時間がなくピンと来たモノだけ【SEKIRO】ラブ)

とエンタメ系は一通り網羅しており、オタクと名乗っても遜色はないように思える。が、オタクにはなれなかったと言っておこう。自身の風潮については

熱しやすく、冷めづらい

という、変わった性質を持っている。影響も受けやすい。ブロガーになろうという風に感じて、やろうと思ったのはほんの3日前みたいなノリの人間だ。その癖、みんなでやり始めたバスケを今もしつこく練習し続けているのは周りでも自分だけである。
こうなると自明の理だが、仕事に就きながらこれだけのタスクをこなすのはほぼ不可能に近い。
時間は使い方次第でどうとでもなりますよ、という啓発本や動画がいくらでもあるが、俺に至ってはまったく参考にならない。普通に考えてこれだけのタスクをこなすのは凡人には不可能なぐらい多趣味かつ深いところまで突き詰め居ている。
好きなものに金を使うのは惜しいとは全く思わないので、これだけの多趣味を抱え、使用するお金を惜しまないのだとすれば、金銭面で地獄を見るのは、これまた自明の理だろう。

貯金は0に近く、よく赤字にもなる

その上、生活が便利になることを何よりも至上としている精神性の持ち主で、ロハスなど意味が分からず、より合理的により便利になることに快感を覚える。結局はハイエンドに落ち着くのだから、と最高級のモノをポチるあたり完全に頭がやられていると言えるだろう。

 

今後として

上記のような人間であるから、ブロガーになろうという考えがわくのは自然の理だったともいえる。が、現実問題、現在ブロガーになって、それで収入を得ようなんてことは無謀な挑戦ともいえる。
しかし、自分を見つめなおし、自分の好きなことで勝負する、ということを考えたときに現代は非常にツールにあふれている社会だということに遅ればせながら気づいたわけだ。

ブログ、YouTube、SNS

と、自己表現を個人が自由にやれる環境が整っている。やるならとことんやる。資格も取る。やると決めたらとことんやる(病気になったら引くけど)。
長くなったからここいらでまとめると、少しでも興味を持ってもらえたらリンクに貼っておくのでぜひとも登録をしてほしい。Twitter

面白い事、楽しい事、為になること、改善できること

などを中心に発信していきたいと思っている。よろしくお願いしたい。

-雑記
-, , ,

Copyright© 資格ガジェぶん取り系 , 2020 All Rights Reserved.